HOME » 幼稚園の紹介

幼稚園の紹介

幼稚園の歴史

昭和39年まで新庄校下婦人会が運営していた保育所が社会福祉法人化され、様々な基準により受け入れが困難になった幼児のため、全福寺住職であった塩原祖道(初代園長)がこの地に幼稚園を開設しました。

新庄幼稚園

教育目標

新庄幼稚園では、すべての子ども達が健康で意欲的であり、豊かな感性を持ち、仲間を思いやるやさしい心の人に育ってほしいと願いつつ、日々の教育に努めています。
そして何よりも自然(太陽・土・緑・水)の中での仲間との遊びを大切に考えています。

特色ある教育内容

特色1移動教室

移動教室戸外でおもいっきり体を動かしたり、自然に親しんだりすることを目標としています。月に1回程度、園バスや観光バスに乗って先生や友だちと一緒にでかけます。

特色2体操教室
(年少組・月2回)

体操教室(2ふたば組、年少組・月2回)マット、跳び箱、鉄棒、平均台などの基礎を楽しく遊びなから学びます。体を動かす楽しさを知り、明るく元気に行動できるようにと願っています。

特色3書道(年長組・月3回)

書道(年長組・月3回)子どもは文字の形を覚えていても、位置がばらばらになりがちです。筆順を知り、バランスよく書くために書道はよい練習になります。また墨汁を筆につけて半紙に書く、という作業は鉛筆で書くことより集中力を養います。子ども達自身は普段あまり使うこともない道具使って字を書き褒めてもらうと、とても嬉しそうです。1月には集大成として“書き初め会”を行います。

特色4ヨガ(年中、年長組)

ヨガ(年中、年長組)“ヨガ・オープンセンター”の志波一樹先生をお迎えして、動的な動きの中に集中力・忍耐力・落ち着きなどの精神の働きを促し、自然のうちに身体の柔軟性を養うものです。正座して「おねがいします」の挨拶で始まり、準備体操・ロケットのポーズ・コブラのポーズ・蝶々のポーズなど楽しく行い、正しく座り直して、「ありがとうございます」の挨拶で終わります。

特色5英語教室

英語教室各クラス30分ずつです。外国人講師から口伝いに繰り返し正しい発音を聞くことで、本物の音を耳から獲得でき、楽しいゲームや歌などを通じて一緒に遊びながら、自然に英語に慣れ親しめるよう進めていきます。

学年 曜日 講師名
ふたば・つぼみぐみ 水曜 アーロン先生
おはなぐみ 火曜 アーロン先生
ことりぐみ 木曜 ジョー先生

特色6こどもバザー

こどもバザー子ども達に感謝の心や、社会のために役立とうとする心が育ってくれることを願って行う秋の行事のひとつです。小物入れ、フォトスタンド、しおりなど、子ども達が作った作品をお店に並べ、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」などと、売り買いの元気な会話の飛び交うお店屋さんをします。集まったお金は、年中組が代表して乳児院へ慰問したり、善意銀行への寄付金にしたりしています。